So-net無料ブログ作成

ロシアでの運命の出会い [ロシア]

こんにちは、gegeです[かわいい][かわいい]
今回はロシア留学中に知り合い、今後の人生に大きく影響を与えた人を紹介しようと思います。

マリアちゃんとの出会い
留学生活が始まって間もなく、ゆきさんと授業へ向かうためエレベーターに乗った時でした。
学生でぎゅうぎゅうになったエレベーター内で私とゆきさんは日本語で会話していました。
すると後ろから「日本人ですか?」と声をかけてくるロシア人美女が。
これがマリアちゃんです。マリアちゃんはこの前まで日本で留学を終えて帰ってきたばかりだそう。日本語がすごく上手で綺麗な人でした。
私たちはすぐに連絡先を交換して連絡を取るように。毎週のように遊びに出かけて私たちは本当に仲良くなったのです。^^
なにより彼女もセルフネイラーで、美容に興味があって、話が合いました
[キスマーク][ぴかぴか(新しい)][ハートたち(複数ハート)]

彼女は、今後もっとも頻出する登場人物となります。お楽しみに[わーい(嬉しい顔)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

 

アルチョム君との出会い
アルチョム君との出会いも留学してすぐでした。
たまたま出来たロシア人の友達に誘われ、国際交流基金モスクワが主催の茶道をロシア人の方々にレクチャーするというイベントへ行ってきました。
そのイベントが大盛況で、空いている席はまばらで、一緒に行った友達たちとは離れて座らなければいけないほど。この時、私の隣に座ったのがアルチョム君。
ロシア人って小太りだけど筋肉隆々としてて、髪型は角刈り、みたいなのが多くて、日本人からするとえ!?っていうような風貌の人がモテてたりしてたんですが、隣に座っていた彼はさわやかイケメン風で、紳士な雰囲気。
話を聞きながら彼はしきりにメモをとっていました。こっそりそのメモを見てみると・・

うらせんけ

ん??最初の「う」の文字が反対になっていて間違えています。。
「勉強始めたばかりなのかな~、かわいっ
[揺れるハート]
そう、恋に落ちてしまいました。結局彼とは1か月後くらいから付き合うことになり、親密な関係を築きます。
私の家族も彼の家族に会ってくれたし、彼の家族も私を本当の家族のようにとても大切にしてくれました。

彼は当時34歳。私24歳。そろそろいいお年頃。
帰国直前に彼とのデートで中華料理レストランへ行きました。
この留学が終わってしまったらどこに就職するかも決まっていないので、
次いつ会えるかわかりません。今までの思い出話をしてたら寂しくなってきちゃって、
離れたくないとレストランで泣いてしまいました。
「gege、泣かないで」彼がそう言うと、なんと彼の手には小さな指輪。
彼からのプロポーズでした。
まだ私には結婚は早い、という気持ちと嬉しい気持ちが入り混じっていたので、
正直にまだ返事はできないと保留にさせてもらいました。

彼がロシア留学中いつもそばにいてくれたおかげで、言語習得の近道になっただけでなく、よりロシアの地元らしい生活を体験することが出来たし、なによりロシアを好きになって帰国することができました。こんなに安全で楽しい充実した1年間を過ごせたのはアルチョム君のおかげだととても感謝しています。

こちらは留学中の写真。雪バンバン降ってる笑 ワンチャンデカい笑
image.jpeg
こうしてgegeは日本へと友達と彼氏をおいて帰国するのでした。帰りの飛行機号泣したなー。まじで帰りたくなかったなー。
なつかしい^^
次回は留学から帰ってのことを書きたいと思います。

あでぃお~す[手(パー)][黒ハート] 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。