So-net無料ブログ作成
検索選択
ロシア ブログトップ

gege再度ロシアへ [ロシア]

ハロー、gegeです[ウィンク]?
マックでもぐもぐしながら書いてます。たまに食べたくなるのよね[ファーストフード][黒ハート]?
今回は前回に引き続きロシアでの出来事を書きたいと思います♪
在外公館派遣員として働くことになったgege、モスクワにとうちゃーーーーっく![飛行機]?[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
留学から半年、こんなに早く戻ってくるとは思ってなかった!半年ぶりなので何もかも懐かしくない!!笑


肝心な仕事はというと、緊張しっぱなし、何もかも?だらけでした。
分からないことの方が分かることより多くて、職場内で迷子になることも…[爆弾]
私はビビリな性格なので、サラリーマンとして働くと毎日緊張して眠れなくなったりすることもあって、
やはり最初の数ヶ月は大変でした。なにより、仕事自体初めてだったからねー[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
そんないっぱいいっぱいいの私をチョム君とその家族は支えてくれました。本当の家族のように。
だから頑張れたところもあったなー[泣き顔][ぴかぴか(新しい)]

もちろん私とチョム君は結婚も考えてましたよ!結婚するためにロシアでの就職を探してたくらいだし。
チョム君も日本語を勉強して結婚後日本で働きたいと言ってくれていました。
そんな順調な日々を過ごしていた私達に悲劇が訪れようとしました。

それはとある日、よくある週末の事でした。私達はチョム君母のダーチャ(別荘)へよく遊びに行っていたのですが、
そこで談話していた時のことです。

チョム母「あんた達結婚したらこの家に住むんでしょう?」
チョム君「いや、僕は日本へ行くよ。」
チョム母「!?!?」
私も驚きました、結婚前だと言うのに、親に断言するんだって。[目]
チョム母「何を言ってるの、そんなの許さないわよ。gege、あんたはロシアで暮らすのよ。」
私「!?!? でも私の家族だって日本に住んでるんですよ。」
チョム母「そんなの、皆ロシアに呼べばいいじゃない。日本なんてそのうち沈んで無くなる小さな国なんだから、
ちょうどいいじゃない。沈まなくても中国に乗っ取られてなくなるのよ。」

これが本音か、と思いました。
自分の大切な一人息子が遠い国へ行ってしまうかもしれないと思ったらどこの親だって嫌だと思います。
この先どうなるか話し合っていた訳でもないのでチョム君が言ったタイミングも微妙だったと思う。
でも私だったら大切に思っている人にそんな事言いません、言えません。
悲しさと怒りで涙が溢れそうでした。
でもここで泣いたら負けな気がしたので必死に堪え、その場を立ち去ろうと立ち上がりました。
でも立ち上がった瞬間、もっと悲しくなって気がついたら私は1人で車に乗っていました。
帰ろう、そう思った時チョム君も車に駆け込んで来ました。チョム母も泣いて近づいて来ては
「gege、許して。本心ではないの。どうか行かないで。許して…」
そう言っては私にキスをしました。それでも私は車を出して帰りました。

これ以降、チョム君との結婚、つまり国際結婚がどれだけ難しいか考えるようになりました。
チョム母が許せない訳じゃない、でも好きだけじゃ結婚できない事が悲しいくらい分かったのです。
つらかったなー、だってチョム君とは一緒に居たかったし。
でも考えたら、チョム君側家族と私の家族は私を介さないと会話が出来ないんだなと。
どちらかの国にいるとどちらかはすぐには家族の元へ駆けつけられないんだと。
結婚は家族とするものだと身をもって知ったのでした[泣き顔]
それが全てではないけど、その日以来私の気持ちはだんだんとチョム君を避け、のちに別れてしまいました。

ロシアでいよいよ1人になった私にネイルブーム再来!!!
実はロシアでもネイルは盛んで、多くの人がジェルネイルをしていて、ネイルエキスポが年2回行われるんです!
アートも豊富で、ロシアっぽいものとかあって、ちょーかわいいの[黒ハート]?
ブーム再来の私はもちろんネイルエキスポ行って大量にジェルやらパーツやら道具やら購入してましたよー。
その一部がこれ。これほんの数時間でこんなに買っちゃって…
image.jpeg

仕事はほどほどに、やりたい事は全力でgegeのロシア勤務3年間は幕を閉じるのでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ロシアでの運命の出会い [ロシア]

こんにちは、gegeです[かわいい][かわいい]
今回はロシア留学中に知り合い、今後の人生に大きく影響を与えた人を紹介しようと思います。

マリアちゃんとの出会い
留学生活が始まって間もなく、ゆきさんと授業へ向かうためエレベーターに乗った時でした。
学生でぎゅうぎゅうになったエレベーター内で私とゆきさんは日本語で会話していました。
すると後ろから「日本人ですか?」と声をかけてくるロシア人美女が。
これがマリアちゃんです。マリアちゃんはこの前まで日本で留学を終えて帰ってきたばかりだそう。日本語がすごく上手で綺麗な人でした。
私たちはすぐに連絡先を交換して連絡を取るように。毎週のように遊びに出かけて私たちは本当に仲良くなったのです。^^
なにより彼女もセルフネイラーで、美容に興味があって、話が合いました
[キスマーク][ぴかぴか(新しい)][ハートたち(複数ハート)]

彼女は、今後もっとも頻出する登場人物となります。お楽しみに[わーい(嬉しい顔)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

 

アルチョム君との出会い
アルチョム君との出会いも留学してすぐでした。
たまたま出来たロシア人の友達に誘われ、国際交流基金モスクワが主催の茶道をロシア人の方々にレクチャーするというイベントへ行ってきました。
そのイベントが大盛況で、空いている席はまばらで、一緒に行った友達たちとは離れて座らなければいけないほど。この時、私の隣に座ったのがアルチョム君。
ロシア人って小太りだけど筋肉隆々としてて、髪型は角刈り、みたいなのが多くて、日本人からするとえ!?っていうような風貌の人がモテてたりしてたんですが、隣に座っていた彼はさわやかイケメン風で、紳士な雰囲気。
話を聞きながら彼はしきりにメモをとっていました。こっそりそのメモを見てみると・・

うらせんけ

ん??最初の「う」の文字が反対になっていて間違えています。。
「勉強始めたばかりなのかな~、かわいっ
[揺れるハート]
そう、恋に落ちてしまいました。結局彼とは1か月後くらいから付き合うことになり、親密な関係を築きます。
私の家族も彼の家族に会ってくれたし、彼の家族も私を本当の家族のようにとても大切にしてくれました。

彼は当時34歳。私24歳。そろそろいいお年頃。
帰国直前に彼とのデートで中華料理レストランへ行きました。
この留学が終わってしまったらどこに就職するかも決まっていないので、
次いつ会えるかわかりません。今までの思い出話をしてたら寂しくなってきちゃって、
離れたくないとレストランで泣いてしまいました。
「gege、泣かないで」彼がそう言うと、なんと彼の手には小さな指輪。
彼からのプロポーズでした。
まだ私には結婚は早い、という気持ちと嬉しい気持ちが入り混じっていたので、
正直にまだ返事はできないと保留にさせてもらいました。

彼がロシア留学中いつもそばにいてくれたおかげで、言語習得の近道になっただけでなく、よりロシアの地元らしい生活を体験することが出来たし、なによりロシアを好きになって帰国することができました。こんなに安全で楽しい充実した1年間を過ごせたのはアルチョム君のおかげだととても感謝しています。

こちらは留学中の写真。雪バンバン降ってる笑 ワンチャンデカい笑
image.jpeg
こうしてgegeは日本へと友達と彼氏をおいて帰国するのでした。帰りの飛行機号泣したなー。まじで帰りたくなかったなー。
なつかしい^^
次回は留学から帰ってのことを書きたいと思います。

あでぃお~す[手(パー)][黒ハート] 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

gegeロシアへ飛ぶ [ロシア]

じゃじゃーーーーーん!
ロシアに到着しましたー!!

到着は4月。寒い国だとは思ってたけど、なかなかあったかい。
お世話になるモスクワ大学からお迎えの運転手さんが大学名が書かれたプラカードを持って
空港でお出迎えしてくれました。
この留学、高校からのお友達の美人ゆきさんと同じだったのですが、運転手はゆきさんの
荷物だけもち駐車場へ。
えげつねーー。格差社会キターー。
そう心の中で思ってしまったのは内緒[黒ハート][黒ハート]

大学寮へついたら、なにやら英語をしゃべる学生が。
私たちに寮案内をしてくれるよう。気を使って英語を話しているみたい。
がしかし、大学ではほとんどロシア語しか勉強をしてなかったので、英語を忘れている私たち。
かといってロシア語で説明されても理解できないのだ。

女学生「これから寮の施設を案内するわ」
私たち「Да.(はい)」
女学生「あら、ロシア語を話せるの?ロシア語のほうがいい?」
私たち「Пожалуйста, по-англиски.(英語でお願いします。)」
女学生「??」
   「何分後に案内へ行けるかしら?」
私たち「Через 10 минут.(10分後で)」
女学生「??(私には英語を求めてくるのに、なぜ彼女たちはロシア語しか話さないの?)」

ついつい返事がロシア語になってしまうgege..笑

という感じで最初は何が何だか分からず、しどろもどろとしていました。
そんな私たちも授業が始まり、ロシア語にも、ロシアの生活にも慣れていきました。

日本語の言語を話す人ならわかるかもしれませんが、語学っていきなり理解できるようになる
日がくるのです。私の場合は留学してから5か月目のことでした。
授業中先生の言っていることがよくわかるようになりました。
そして、
夜中眠っているときに見る夢がロシア語になったんです!![どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)]

しかも、意味は分からないけど、おじさんがロシア語話してる情景とかあって、
どうゆう意味だったんだろうと起きてから考える事もありました。。
だんだん脳がロシアナイズドされていった訳ですね[ひらめき][ひらめき]
ここから積極的にロシア語を日常で話すようになり、頭の中で考える時の言語もロシア語になって
ロシア語がメキメキと力ついてきたような気がします。

日本語以外の言語を勉強された方、共感する部分ありませんか?^^

ロシアに留学していた1年間はロシア語だけに集中していたので、ネイルにはあまり興味もなく、
持って行ったネイルチップをつけるくらいでした。(それも瞬間接着剤で笑)

ですが、ロシアで過ごした1年間はなければ感じられなかったことがたくさんありました。

ずっと実家暮らしだったので、家族(特にお母さん)のありがたみを初めて知りました。
洗濯機が寮内で有料で、そこを管理しているおばちゃんがちょー怖くて何言ってるか分からなかったので、洗濯はいつも手洗いでした
[いい気分(温泉)][いい気分(温泉)]
私が風邪をひいたとき、隣の部屋のゆきさんがうどんを作ってくれて、まじで泣きました。
日本で食べるうどんより、不味かったけど(笑)、今まで食べた中であんなに愛のこもったうどんはなかった
[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][黒ハート]
あとは、ロシア人以外にもいろんな国の友達が出来ました。ドイツ人、アメリカ人、中国人…彼らのアグレッシブさと言ったら、、日本人は奥ゆかしいというけど、ただの恥ずかしがりなんじゃ?と思ったほど[exclamation×2][ひらめき][ひらめき]彼らと一緒にロシア語の授業を受けるまでは、間違えを恐れて発言をひかえていたけど、それではいつまでたっても上達しないんだよね、間違えてもいいんだ、間違えを見つけるために授業があるんだと彼らから学びました。これ、日本での授業や講習の時、会社の会議の時に今もすごく感じます。もっと発言せよ、日本人!てね。

ちょっとだらだらと書きすぎちゃった。次はロシアでの運命的な出会いを書きたいと思います[三日月][バー][揺れるハート][揺れるハート]

image.jpeg

ばばい♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
ロシア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。